YU-S-MADE 徒然記録
オーダーメイド主体で、レザー・シルバー・ビーズを用いたオリジナルのハンドメイド小物やアクセサリーを製作・販売している製作者の雑記帳です。日常の徒然を書いています。オーダー、ご質問、コメント、相互リンクなどなど、敷居はとっても低いので気軽にどうぞ!
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  そりゃ人間ですから
この本、もしご存知ない方が居るようでしたらぜひ見てもらいたい。



トリックアート錯視デザインアート)の書籍なんですが、実に面白いです。

眺めているだけで脳が活性化?される「錯視デザイン」という見出しで始まる本。


脳は、よくコンピューターに例えられますが、それほど高機能ではないというのはご存知の方も多いはず。
実際脳が使われているのは全体の数パーセント程度なので、未知の領域はあると思いますが一般的にそう言われているようです。


コンピュータ(パソコン)が1秒に数十億回の演算処理ができるのに対し、脳は最速でも1秒に千回しか動かないんだとか。

だから脳は物を判断するために演算家庭を短縮する必要があるそうで、その影響で錯視のマジックにはまってしまうようです。

難しい(触り部分の)話は、本を手にとって読んでもらえればわかると思います。

ただ、このアートは凄いです。
何が凄いかって、ホントに人間の脳って高機能じゃないんだなぁ~って実感できるから。


「あぁ~… 自分の脳っていい加減…」
なーんて思ってしまうと思います。

でもいい加減だから、きっと色々悩んでしまうんでしょうね。


色んな個性があって、色んな思いをめぐらして。
良い悪いは個々の判断基準なので別と見たとしても、やっぱり不完全な物だから色々考えてしまうんだろうなぁ~なんて思います。

錯視もあながち馬鹿にできない。

グルグル回って見える錯視アートに、「気持ち悪い!」とか「ピカチューショックだ!」とか思う人も居るかもしれないけど、別の角度から考えながら見ると凄く面白い物だと思います。


もしかしたら図書館にもあるかもしれません。
機会があればぜひ。


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してください。
ランキングはこちらから⇒
コメント等はお気軽にどうぞ!
リンクフリーですが、相互リンクも募集してます。

読者が見える!読者が分かる!読者が増える! (ランキングアップも)
Blog de Baito(TM)で広告収入をゲット! (お手軽度が人気)
日本初のペット福利厚生サービス!ご利用いただくごとにポイント付与!
行楽シーズン到来!人気のデジカメ色々あります!
≪目標-4kg!≫本格派メニューのダイエットグルメ♪ (リピーター↑↑)
中国の地図から簡単ホテル検索【ホテルクラブ】
お手軽価格で旅行したい人必見!プラン色々。真心対応! (定番サイト)
スポンサーサイト
2007/11/13/Tue 00:00:01   日常・近状/CM:3/TB:0/

MAIN
 

検索エンジン
SEO対策: SEO対策:レザー SEO対策:シルバー SEO対策:アクセサリー SEO対策:ジュエリー SEO対策:ネックレス SEO対策:自作 SEO対策:ケース SEO対策:時計 SEO対策:自作 SEO対策:ブランド SEO対策:ファッション SEO対策:人気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。