YU-S-MADE 徒然記録
オーダーメイド主体で、レザー・シルバー・ビーズを用いたオリジナルのハンドメイド小物やアクセサリーを製作・販売している製作者の雑記帳です。日常の徒然を書いています。オーダー、ご質問、コメント、相互リンクなどなど、敷居はとっても低いので気軽にどうぞ!
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  オーダー品製作
今日は仕事ネタ(リペアネタ)ではなく、オーダー品の紹介です。


今月受けたオーダー品から↓
YU-S-MADE,yu-s-made,優's made,ゆうずめいど

牛本革のパスケースです。
スイカと時刻表、切符を収納できます。

このハワイアン生地を使ったパスケースが欲しいというオーダーだったので、ベースカラーと基本的な形だけ相談して、後はこちらにお任せという感じで製作させて頂きました。


内側を開くとこんな感じ↓
YU-S-MADE,yu-s-made,優's made,ゆうずめいど


色鮮やかなパスケースです。


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してください。
ランキングはこちらから⇒
コメント等はお気軽にどうぞ!
リンクフリーですが、相互リンクも募集してます。

ブログでバイト (Blog de Baito TM)
プリンタ・複合機をお探しですか?当日または翌日出荷でお届け!
【トーカ堂】激安/デジカメが大特価/夏のボーナス、他社には負けません!
ちゃんと検索・きちんと誘導・音楽も聴けるポータブルナビ! DTR-P5
ネットでお申込なら最大4,500円割引!アクサダイレクトの自動車保険
スポンサーサイト
2008/01/22/Tue 23:37:34   ハンドメイドレザーパスケース/CM:0/TB:0/

  ラスト加工⇒完成
3回に渡ってハンドメイドレザーパスケースの製作を紹介しています。


先日は、飾り縫いが必要なパーツに飾り縫いを施したところまで紹介しました。

先日の記事はコチラ↓
http://yu001vo.blog27.fc2.com/blog-entry-665.html

今回(第4回目)は、各パーツを縫い合わせて完成させるところまで紹介していく予定です。


【最終加工⇒完成まで】


最初に、スイカなどのパスケースを入れるパーツの保護フィルムにコンパスカッターを使って穴を開けます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

穴の大きさは、個々人の好みで良いと思いますが、あまり小さい穴にしてしまうと、パスが取り出しにくくなるので、親指でスライドさせるのに丁度良いくらいの穴を開けた方が良いと思います。
画像で紹介している物だと、大体直径で2.5cm程度です。


【コンパスカッター】

      
ポンチでは開けられないくらい大きな円をくり貫く時に使う道具です。

何種類かありますが、極端に大きな円をくり貫く必要が無ければ、画像一番左の物が扱いやすいと思います。

ipod nano caseの操作キー部分の革をくり貫く時にも使用している道具です。



穴を開けたら、革用の接着剤を使って各パーツを貼りあわせていきます。

接着剤を使うときは、べた付けしないで、なるべく端っこの方に接着剤を塗るようにして、薄く延ばして使います。

べた付けにしてしまうと、接着剤がなかなか乾燥しないので綺麗に接着できないのと、バリが出る原因にもなるので、綺麗に塗るのがポイントです。

全てのパーツを貼り合わせる前に、切符入れ部分とタグなどを先に縫い合わせておきます。

拡大するとこんな感じ↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

切符を入れる一番上の部分、ほつれたり切れたりしたら困る部分はしっかり返し縫をして頑丈にしておきます。

07071605.jpg

タグは、もし付けるなら先に縫い合わせておきます。
タグの下に、革やボール紙など、厚みのある物を挟みこんでやるとプックリ見せる事ができます。


ここまでできたら、貼り合せていないパーツを全部貼り合せて、ステッチンググルーバーを使って溝をほっていきます。
(画像だけを見ると、作業工程が多少前後しているので注意)

溝をほる時は、なるべく端っこを掘るのがポイントです。
あまり内側に掘り込みを入れてしまうと、時刻表が入らないポケットになってしまうので、時刻表も収納できるマチ幅で作ろうと思う方は要注意。

ただ、最終的にバリ取りなどで均す時に、ヤスリがけをするので、極端に端っこを掘りすぎるのも駄目です。

2~3㎜の間隔があれば丁度良いと思います。

溝をほりおわったら、ヒシ目打ちを使って縫い穴を開けていきます。


画像左から…
【ステッチンググルーバー、4本ヒシ目、1本ヒシ目】

      


4本ヒシ目1本ヒシ目を使いながら、革の重なり合った部分に注意して穴を開けていくのがポイントです。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

ここからは好みだと思いますが、片面に穴を開けたら裏面にして、ヒシ目打ちで開けた穴にそって、ステッチンググルーバーで溝をほっていきます。(張り合わせたパーツ部分だけ)
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

表裏、両方に溝ほりをする事で、糸を通した時に同じように見せる事ができます。

人から見える部分だけ溝をほってお終いという人もいらっしゃいますが、開けた時にも綺麗に見える方が良いと思われる方は、両面溝ほりをした方が綺麗に見せる事ができるのでお勧めです。


【指サック】


前回の記事でも紹介しましたが、革を重ね合わせた物や、厚みがある物を縫う時に、時々力が必要になることもあります。

手汗などでうまく針が扱えない時などにもお勧め。

指貫を使うよりもグリップが利くので、しっかり針を引き抜く事ができます。

斜めに引き抜いて針を折ってしまうといった事を避ける事もできるので、厚物を手縫いする時には結構重宝します。



ステッチンググルーバーで両面の溝堀が終わったら、表面に返して手縫いしていきます。

手縫い方法は前回の記事を参照してください。

手縫いが終わった状態↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど



ここまで来たら、後は最終仕上げです。

まず、革を重なり合わせた部分を含め、全体のバリ取り、均しをします。

バリ取り前の状態↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

革の段差や接着剤のバリなどが目立つので、荒目のサンドペーパーなどで綺麗に均した後、目の細かいヤスリに変えて表面を整えます。

それが終わったら、ツヤ出し剤を使って磨き上げ、ワックスを使って仕上げてやります。

磨き工程は何度か繰り返すと綺麗に仕上がるので、1回で終わりにしない方が良いと思います。

バフ掛けをイメージして、少し圧をかけてやると綺麗に仕上がります。

ここまでできたら完成です↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど


という事で、ハンドメイドパスケースの製作風景紹介は、以上となります。


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してください。
ランキングはこちらから⇒
コメント等はお気軽にどうぞ!
相互リンクも募集しています。




2007/07/17/Tue 00:00:00   ハンドメイドレザーパスケース/CM:2/TB:0/

  手縫い手順。
先日は、飾り縫いが必要な箇所にステッチンググルーバーで溝ほりを施した後、ヒシ目打ちを使って縫い糸を通す穴を開けたところまで紹介しました。

今日は「手縫い手順」について紹介していこうと思います。

前にも書きましたが、ここで紹介している方法は、あくまで僕個人のやり方ですので、「俺流」をお持ちの方はそちらを大事にしてください。

先日までの記事はコチラをご参照下さい↓
http://yu001vo.blog27.fc2.com/blog-entry-664.html


【手縫い手順の紹介】

使用する糸は、蝋引き糸を使います。

自分で蝋を引く人もいらっしゃいますし、市販品の物を多用されている方もいらっしゃいますが、このへんは好みです。

糸の長さですが、革の厚みにもよりますが、そんなに暑い革ではないので、大体下の画像くらいの長さがあれば十分です。
針を2本使って縫い合わせていきます。

画像は縫い方の参考用のものなので、保護フィルムは接着してありません。
通常は、保護フィルムを接着してある状態で縫い合わせていきます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

縫い始めは1つ隣の穴からスタート。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

最初に通したところから、1つ目の穴へ糸を通していきます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

まずは片側を通して…
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

次に反対側から1番目の穴に向かって針を通していきます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

革が突っ張らない程度に糸を引っ張って、適度にテンションをかけながら縫っていきます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

ここまでできたら、あとは画像下方向に向かって、最初と同じ要領で交互に縫い合わせていきます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

表裏のテンションが均一になるように、革がつらないように気をつけながら縫い合わせます。

ステッチンググルーバーで彫った溝に、糸がピッタリ収まる程度のテンションがベストです。

一番下の穴まで縫い終わったら、ミシンで縫うときと同じように2つ3つ返し縫をしてから糸を切ります。

余分な糸を切る時は、裏側で切るのが一般的です。

綺麗に見せたい面に切り跡が見えてしまうようだとかっこ悪いので、必ず裏面で糸を切ります。



この後、各パーツを縫い合わせる時にも紹介する予定ですが、手縫いする時に力が必要になる事もあります。

そんな時に便利なのがコレです↓



事務用の指サック。

手縫いする時に指貫を使う人もいらっしゃるようですが、指サックだとしっかり針を握れるので、針を真っ直ぐ引き抜く事ができます。

斜めに引き抜いたりすると針の糸通し部分がパッキリ折れてしまう事があるので、そういうのを避ける意味でも結構重宝している道具です。


という事で、今日は手縫い手順の紹介でした。

次回は、次の工程を紹介していこうと思います。


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してください。
ランキングはこちらから⇒
コメント等はお気軽にどうぞ!



2007/07/16/Mon 00:00:01   ハンドメイドレザーパスケース/CM:0/TB:0/

  パスケース製作その2
前回は、組み立てる前のパーツ紹介で終わりましたが、今回は、飾り縫いが必要な部分の準備風景をアップしていこうと思います。

前回の記事はこちら↓
http://yu001vo.blog27.fc2.com/blog-entry-662.html


【手縫い準備】

最初に4本ヒシ目(ヒシ目打ち棒)を使って、糸を通す穴を開けていきます。

パスを入れるポケット部分は、縫い穴を開ける前に、保護フィルムを接着しておきます。


革を手縫いする場合、革の厚みによっては、穴の開いていない状態で針を通していくこともできますが、結構力技になりますし、綺麗に縫えない事が多いので、最初にあけておくのが無難です。

YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど


4本ひしめだけでは、下の画像のように穴あけの間隔がうまく取れない場合があります↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど


こういう時に活躍するのが1本ヒシ目です。

目打ちでも対応できますが、あると便利な道具の1つです。

1本ヒシ目を使って、間隔を取りながら穴を開けていきます。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

穴を開けた後はこんな感じ↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど


ここまで済んだら、穴あけした部分を飾り縫いしていきます。

縫い工程は、また後日。

【今回の使用道具の一部】

【4本ヒシ目(左)と1本ヒシ目(右)】

    
太い縫い糸を使う場合が無いのであれば、2㎜巾程度のヒシ目打ちで十分対応できると思います。


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してください。
ランキングはこちらから⇒
コメント等はお気軽にどうぞ!




2007/07/15/Sun 00:00:01   ハンドメイドレザーパスケース/CM:0/TB:0/

  レザーパスケースの製作風景。
最近、色々多忙という事もあるんですが、ブログの更新頻度がものすごく悪いので、これからしばらくの間、レザー関係製作風景を主にアップしていこうと思います。




最初にお願いというか…


僕の製作は、ずっと独学でやってきている事なので、キャリアの方や教室などでならった事がある経験者などから見ると、「ここって違うだろ!?」っていう部分も多々あると思います。

指摘して下さっても良いのですが、あくまで僕の製作スタイルですので、「俺流」をお持ちの方は、そちらの手法を大切にしていただければなぁと思います。


「こんな感じで作ってるのね」っていうのがわかってもらえれば良いかなぁ~と思っているので。


タイトルにも書きましたが、しばらくはレザーパスケースの製作風景をアップしていこうと思います。

カテゴリーも新たに作りましたので、パスケース関係の記事はそちらにアップしていく予定です。

ただ、何から何まで事細かにアップする気は無いので、割とザッパな製作風景紹介になると思います。

「~の作り方」検索など、ネタ探しに来ている方は予めご了承下さい。(ある程度は自分で考えるのが筋ですからね。)



という事で…
今回作っていくのは先日も紹介したコチラ↓
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど



まずは、使用パーツだけバババっと紹介しようと思います。
YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど

YU-S-MADE 優's made ゆうずめいど


製作道具などは省いてあります。

飾り縫いが必要なパーツだけ、ステッチンググルーバーを使って部分的に溝堀をしてある状態です。


【ステッチンググルーバー(左)と初心者向け手縫い道具セット(右)】
      

製作道具などはHP上でも紹介しています。


12点のパーツを組み合わせながら製作していきます。

この続きはまた後日☆


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してください。
ランキングはこちらから⇒
コメント等はお気軽にどうぞ!



2007/07/13/Fri 20:14:43   ハンドメイドレザーパスケース/CM:0/TB:0/

MAIN
 

検索エンジン
SEO対策: SEO対策:レザー SEO対策:シルバー SEO対策:アクセサリー SEO対策:ジュエリー SEO対策:ネックレス SEO対策:自作 SEO対策:ケース SEO対策:時計 SEO対策:自作 SEO対策:ブランド SEO対策:ファッション SEO対策:人気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。